ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健課 > 交通事故などで国保を使う場合は届出が必要です

交通事故などで国保を使う場合は届出が必要です

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

交通事故や犬に咬まれてケガをした場合や、飲食店での食事が原因で食中毒を起こした場合など、自分以外の第三者の行為が原因のケガや病気の治療費は、加害者が負担するべきものです。
これらの場合に、国保を使って医療機関を受診することができますが、国保を使って治療した場合は、必ず「第三者行為による傷病届」を保健課に提出してください。

届出に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • 事故証明書(後日でも可)


示談をする前に保健課にご相談ください

第三者行為による傷病の届出は、示談前にしていただくようお願いします。
加害者から治療費を受け取ったり、示談で済ませたりすると、国保が使えなくなるおそれがあります。
示談をする前に、まずは保健課にご相談ください。


国保からの傷病原因のお尋ねについて

吉備中央町では、国保を使って治療をした場合

  • 第三者行為によるケガや病気ではないのか
  • 仕事中や通勤途中のケガではないのか

などを判断するため、ケガや病気の原因を文書でお尋ねさせていただくことがあります。
大変お手数をおかけしますが、お尋ねがあった時は必ずご回答くださるようお願いします。

 

交通事故などで国保を使うとき
交通事故などで国保を使うとき [PDFファイル/159KB]

 

 提出書類について

詳細につきましては、傷病届等の記入にあたって [PDFファイル/151KB]をご覧ください。

第三者の行為が原因でケガや病気の治療を受けたとき

  (令和3年7月1日より様式が変わりました)

  第三者行為による傷病届 [Excelファイル/100KB]

  【記入例】第三者行為による傷病届 [PDFファイル/201KB]

   事故発生状況報告書 [Excelファイル/41KB]

  【記入例】事故発生状況報告書 [PDFファイル/171KB]

  同意書 [Excelファイル/24KB]

  【記入例】同意書 [PDFファイル/110KB]

  人身事故証明書入手不能理由書 [Excelファイル/41KB]

  【記入例】人身事故証明書入手不能理由書 [PDFファイル/229KB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)