ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育委員会事務局 > 吉備中央町内で土木工事、家屋の建築等を行う方へ(埋蔵文化財包蔵地に関する手続き)

吉備中央町内で土木工事、家屋の建築等を行う方へ(埋蔵文化財包蔵地に関する手続き)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月16日更新

埋蔵文化財包蔵地に関する手続きについて

 周知の埋蔵文化財包蔵地およびその隣接地において、土木・建築工事などを行う場合は、工事着工の60日前までに届出を提出するよう、文化財保護法(第93条)によって義務付けられています。

 

周知の埋蔵文化財包蔵地とは

 埋蔵文化財とは、地中に埋まっている文化財のことで、土器や石器などの「遺物」(欠片も含む)、住居跡・古墳や城跡などの「遺構」のことをいいます。このような埋蔵文化財が所在する土地のことを「周知の埋蔵文化財包蔵地」といいます。 

 

埋蔵文化財包蔵地の確認について

 吉備中央町内で土木・建設工事(住宅建築・擁壁・盛土・切土等)などの計画がある場合、その工事予定地が埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうか、必ず教育委員会へ確認してください。

確認方法)

・吉備中央町教育委員会窓口

・ファックスによる照会(Fax番号:0866-56-9393)

※いずれの場合も工事予定地の住宅地図等を添付してください

 

埋蔵文化財包蔵地に該当した場合の手続きについて

 工事予定地が埋蔵文化財包蔵地内およびその隣接地であった場合、工事着工の60日前までに届出が必要になります。届出書と必要書類(いずれも各2部ずつ)を添付して、提出してください。

  ・埋蔵文化財発掘届出書(添付のWordまたはPDFを使用してください。)

  ・工事予定地の位置図

  ・土木工事等の概要を示す書類および図面

  ※建物の配置図や敷地図など、土木工事の掘削の範囲や深さを示す図面

【届出様式】

埋蔵文化財発掘届出書 [Wordファイル/41KB]

埋蔵文化財発掘届出書 [PDFファイル/195KB]

 

工事中に埋蔵文化財を発見した場合

 工事中に埋蔵文化財を発見した場合は、工事を一旦中止し、現状を変更することなく、教育委員会までご連絡ください(文化財保護法第96条)。

 

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)