ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 福祉課 > 8月24日地域福祉座談会を開催しました

8月24日地域福祉座談会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月25日更新

地域福祉座談会を開催しました!

 

日時:8月24日 午後7時から8時30分まで 

場所:きびプラザ第一会議室

参加者:29人

 24日の参加者は29人でした。

 何といっても、特徴的なのは、若い人が多い!

 アンケートの回答は25人で、「年齢は?」の問いに、「20代以下」16%、「30代」12%、「40代」12%、「50代」20%で、59歳以下が6割を占めていました。

 今回は施設に勤めている方、障がい福祉サービスを利用している方、そして、学生さんの姿もあり、これまでの会場とは違う雰囲気でスタートしました。

座談会の様子

1. あいさつ

  始めに、岡田 清副町長からあいさつがありました。

副町長

2. 地域活動の紹介  ひだまりカフェ 前嶋満智子さん

 かよう交流センターで週に1日実施している高齢者の集いの場「ひだまりカフェ」の紹介をしていただきました。

 「とりあえず、やってみよう・・・」と豊野公民館でお茶を飲みながら気軽に話をすることから始められ、現在は高齢者約20人が集い、体操や昼食を一緒にしておられます。

 参加された皆さんからは「これから地域福祉の要になっていく」「自発的にサロンや集いの場がもっと普及したらいいと思う」といった感想がありました。

前嶋満智子さん資料

3. 座談会

  これまでと同じ内容の課題について、地域でできることを5グループに分かれて話していただきました。

  年齢層は若いですが、他の地区と同様に「交流」「コミュニケーション」というキーワードがありました。

座談会1座談会2

座談会2座談会4

座談会5

 

4. グループごとの発表

 まとめとして、代表の方からグループの発表をしていただきました。

 移動手段のことや福祉施設を避難所訓練として有効に利用するといった意見が出ていました。

発表1発表2

発表3発表4

発表5

ホワイトボードホワイトボード

5. 閉会あいさつ

  終わりに、地域福祉計画策定委員会副会長 山崎 誠町議会議員からごあいさつをいただきました。

閉会あいさつ

                       地域福祉計画策定委員会事務局編集