ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 福祉課 > 障害者就労施設等からの物品等の調達実績について

障害者就労施設等からの物品等の調達実績について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月31日更新
平成25年度から障害者優先調達法が施行されたことに伴い、町では調達方針を定め、障害者就労施設等からの物品等の調達拡大に努めることとしております。

これに伴い、平成28年度の調達実績を公表いたします。

また、平成29年度吉備中央町障害者就労施設等からの物品の調達方針を下記のとおり策定します。


平成29年度吉備中央町障害者就労施設等からの物品等の調達方針

1 目的
 この方針は、国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(平成24年法律50号)第9条第1項の規定に基づき、本町における障害者就労施設等からの物品及び役務の調達等に関し必要な事項を定めることにより、障害者就労施設等が供給する物品及び役務に対する需要の拡大を図り、もって障害者就労施設で就労する障害者等の自立の促進に資することを目的とする。

2 適用範囲
 この調達方針は、本町の全ての組織に適用する。

3 物品等の調達の推進
(1)福祉課は、障害者就労施設等が供給する物品等の内容など、調達の推進に必要な情報を収集し、情報提供を行う。
(2)物品等の調達に当たっては、障害者就労施設等からの調達の可能性について検討し、可能な限り障害者等就労施設等への発注に努めるものとする。
(3)物品等の調達について、障害者就労施設等からの調達が可能となるよう、仕様・納期及び発注量等に配慮するように努める。
(4)予算の適正な執行並びに競争性及び透明性の確保に留意しつつ、地方自治法施行令(昭和22年政令16号)第167条の2第1項第3号の規定による随意契約等も活用し、調達の拡大に努める。

4 調達目標
 平成29年度の調達目標は、前年度に障害者就労施設等から調達した実績額を上回ることを目的とする。

5 調達実績の公表
 調達実績については、翌年度のできる限り早い時期に概要を取りまとめ、町ホームページ等により公表する。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)