ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 町県民税の申告(所得税の確定申告)について

町県民税の申告(所得税の確定申告)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新

町県民税の申告(所得税の確定申告)について

■ 町県民税の申告(所得税及び復興特別所得税の確定申告)期限は、3月15日です。
■ 2月18日~3月15日まで各地区で申告相談を行います。

 平成31年度町県民税の申告書(平成30年分所得税及び復興特別所得税の確定申告書)の提出期限は、平成31年3月15日(金曜日)までとなっています。申告をしなければならない人は、平成30年中(1月1日~12月31日)の所得金額等を正しく計算し、早めに申告しましょう。
 2月18日~3月15日まで各地区で申告相談及び申告書の受付を行いますのでご利用ください。各地区の日程及び申告に必要な準備、書類等については、次の日程表をご覧ください。

申告相談日程表 [PDFファイル/304KB]

 申告相談に来られる際には、 次のものをお持ちください。

◆ 印鑑、筆記用具
◆ 申告者本人の本人確認〔番号確認と身元確認〕書類(次の1または2のいずれか)

1.マイナンバーカード(個人番号カード)
※ 顔写真が入っているため、1枚で番号確認と身元確認ができます。

2.「通知カード」 と 「身元確認書類」
※ 身元確認書類=運転免許証、公的医療保険の被保険者証、パスポート、在留カード、身体障害者手帳などのいずれか

※ 控除対象配偶者、扶養親族及び事業専従者などの本人確認書類の提示等は不要ですが、申告書にそれぞれのマイナンバー(個人番号)を記載していただく必要があります。

 


所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要な方

(1)給与所得がある方
◆ 給与の収入金額が2,000万円を超える方
◆ 年末調整を受けた給与を1か所から受けていて、給与所得、退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える方
◆ 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と給与所得、退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える方

(2)公的年金等を受給されている方
 公的年金等(国外において支給された公的年金等のように源泉徴収の対象とならないものを除く)の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告は必要ありません。
・ 所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要ない場合であっても、所得税及び復興特別所得税の還付を受けるためには、確定申告書を提出する必要があります。
・ 所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要ない場合であっても、町県民税の申告が必要な場合があります。

(3)(1)、(2)以外の方
 次の1から3まで計算した結果、3において残額がある場合
1.各種の所得の合計額(譲渡所得、山林所得を含む)から、所得控除を差し引いて、課税される所得金額を求めます。
2.課税される所得金額に所得税の税率を乗じて所得税額を求めます。
3.所得税額から配当控除額を差し引きます。

<注>
 岡山西税務署の申告相談会場は、岡山コンベンションセンター2階ママカリフォーラム(岡山市北区駅元町14番1号)です。
■ 開設期間:2月18日~3月15日
※ 土曜日・日曜日を除きます。ただし、2月24日(日曜日)、3月3日(日曜日)は開設します。
■ 受付時間:午前8時30分~午後4時(相談は午前9時から)
 町県民税の申告相談及び申告書の受付はできません。

 


町県民税の申告が必要な方

 上記の「所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要な方」以外で、平成31年1月1日現在、吉備中央町内に居住し、次に該当する方は、吉備中央町へ町県民税の申告書の提出が必要です。

◆ 事業所得(営業・農業・その他事業)や不動産所得(地代・家賃)などがあった方。
◆ 給与収入がある方で、
○ 年末調整した給与以外に各種所得がある方。
○ 平成30年中にアルバイトやパートなどをしていた方で、収入金額が93万円を超える方。
◆ 公的年金等の収入のみがあり、配偶者・扶養控除等を受けたい方で、
○ 平成31年1月1日現在の年齢が65歳以上で、年金収入額が148万円を超える方。
○ 平成31年1月1日現在の年齢が65歳未満で、年金収入額が98万円を超える方。
◆ 土地・建物等の譲渡所得があった方、株式の譲渡所得等があった方。
◆ その他地方税法の規定により申告が必要な方。
 
<注>
 所得税の確定申告及び町県民税の申告の必要のない方(所得のない方を含む)でも、国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入されている世帯の世帯主並びに被保険者の方は、税額(保険料)軽減等の算定に必要となりますので、町県民税申告書(兼国民健康保険税・後期高齢者医療申告書)の提出をお願いします。
 また、これらの方以外の方でも、平成31年度中に所得証明書(所得額が0円のものを含む)等が必要となる方は、町県民税申告書を提出してください。

 


2月20日・21日の2日間は、税務署と合同で申告相談を行います

 2月20日(水曜日)・21日(木曜日)の2日間は、下竹荘公民館において、町内全域の方を対象に岡山西税務署と合同で申告相談及び申告書の受付を行います。青色申告、営業等・不動産・配当所得、土地建物・株式の譲渡所得等がある方は、この2日間にお越しください。

 


申告相談に来られる際の注意点(お願い事項)

◆ 申告相談にお越しの際は、「申告相談日程表」の裏面(2頁目)をよくお読みいただき、所得額の計算に必要な事前準備をしていただくとともに、お持ちいただく書類等をよく確認のうえご来場ください。
◆ 毎年収支内訳書の作成に時間がかかり、申告相談会場で順番をお待ちいただく時間が長くなっていますので、事前作成にご協力をお願いします。農業所得のある方は、「農業所得収支整理ノート」(広報「きびちゅうおう」2月号と一緒にお配りするものまたは次からダウンロードしたもの)に記入してご来場ください。
 収支内訳書等を作成されていない方は受付順が後退する場合があります。未作成の方は、作成の上再度お越しいただくか、受付で作成をお願いいたします。
 また、医療費控除を受ける方は、支払った医療費の領収書等を受診者別に仕分け、金額の集計を必ず行ってお持ちください。

平成30年分農業所得収支整理ノート [PDFファイル/261KB]
 


■ ご不明な点がありましたら、次へお問い合わせください。
 税務課(課税班) 電話 0866-54-1315
 申告相談会場 電話 080-1936-9772


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)